HafHコリビング住人レポート 品川正之介さん編 – HafH Nagasaki Garden

今回は HafH Nagasaki Garden 住人の品川正之介さんによるレポートをお届けします。

4月より入居開始の第一回コリビングキャンペーンを利用されたみなさんの声をお届けする連載記事の第二回目です。なお第二期 (7-9月) コリビング住人募集も開始していますのでお見逃しなく!

【これまでの記事】

【New】土プラン以外のHafHネイバー(会員)のインタビューも掲載開始しました!ぜひご覧ください。

品川正之介さんのプロフィール

品川正之介(しながわ・しょうのすけ)
1991年生まれの28歳。神奈川県横浜市出身。プラントエンジニアリング会社で2年、IT系スタートアップで3年働いたのち来崎し、HafH入居。今秋に長崎にて観光領域の事業を始める予定。現在は長崎の歴史(ストーリー)や魅力を深堀りしつつ、各種SNSで発信中。最近の口癖は「長崎は銀河系で一番面白い」。

入居のきっかけ

首都圏での生活が長く「そろそろ東京を離れて暮らしてみたい」と考えていたところ、HafHの存在を知りました。定額で世界中に住み放題というサービスはさることながら、特に長崎に直営店があることに惹かれました。

長崎には大学時代に何度か訪れており、海外との玄関口として、人や文化が混ざり合ってきた歴史とストーリーに魅力を感じていました。当時から、人生のどこかのタイミングで長崎には絶対住もう、と決めていました。

ふと、気づけば20代後半。若くて身軽なうちにやりたいことやるか!と思い立ち、仕事の区切りがついたタイミングで長崎に移住し、HafH Nagasaki Garden (以下、Garden) での生活をスタートしました。

HafH Nagasaki Garden での暮らしにハマる

初めてGardenに宿泊した日の朝を、今でも鮮明に覚えています。目の前に広がる長崎の空、山、まち。体いっぱいに降り注ぐ日光。草花の香りと、鳥の鳴き声。コンクリ森の中にある東京の暗くて狭いワンルームから出てきた自分にとっては衝撃的でした。

市街地の中にあり賑わいがあるHafH Nagasaki SAI (以下、SAI) と比べ、Gardenは静かでゆったりとした時間が流れています。コワーキングスペースでは落ち着いて作業や読書ができ、近くの商店街で買ってきた新鮮野菜で自炊に励み、遊びに来る地域の猫に癒され、夜は長崎のまちの夜景を眺める…と、Gardenに暮らし始めてから、暮らしの質が断然高くなりました。

自分のペースで、コリビングを楽しむ

また、私は(コリビングしてるくせに)「一人の時間を大切にしたい」性格でもあるので、Gardenでのゆるい共同生活が合いました。ずっと一緒!ではないけどゆるく繋がっている。たまに一緒にご飯食べたり。コワーキングや宿泊で訪れたNeighborさん (HafH 会員のこと) を囲んでお酒を飲んだり。寂しくなったら、街やSAIに繰り出したり(笑)。Gardenで落ち着いた暮らしを楽しみつつ、自分のペースで人との交流を楽しめる感じが、とても心地良いです。

長崎県のHafH直営店3つ(SAI・Garden・The Pier)は、それぞれに施設の雰囲気や特徴が異なるので、皆さんも自分にぴったり合う場所が見つかると思います。

自然と都会のバランスが良い長崎のまち

長崎は「自然と都会のバランスが良い」ことに暮らしてみて気がつきました。

平地が少ない長崎の特性上、まちがコンパクトにまとまっており、都市なので生活に不自由しません。都市的な生活も享受しつつ、すぐ近くには山、川、海があり、自然を感じながら暮らすことができます。

ちなみに、長崎暮らしで、僕が一番気に入っているのが「音」です。

草木が風にそよぐ音、鳥のさえずり、お寺や教会の鐘の音、船の汽笛、路面電車の音…。

自然の音や暮らしの音がいくつも重なり合う、長崎のまちの音が、とても心地良く感じます。

HafHを起点に人と出会う

友達も知り合いもいない状態で長崎に飛び込んでみましたが、HafHを起点に様々な人との出会いが広がっています。コリビングキャンペーンの同期、HafHのNeighborさん、まちづくりに携わる長崎の若い方々などなど。コロナが騒がしくなる前までは、ほぼ毎晩どこかで飲んでいたような気がします。

コロナが徐々に落ち着いてきた最近では、まちづくり関係の活動の仲間に入れてもらって、地域の飲食店を応援したり地域の動画を撮影したりと、様々な活動を楽しんでいます。

長崎がもうひとつの「ふるさと」に

当初は、半年くらい滞在しようかな、と思っていた長崎ですが、今ではその魅力にどっぷりとハマってしまい、しばらく腰を据えて住むことに決めました。

まちの魅力、ひとの魅力に触れ、気づけば長崎は「大好きなまち」から、自分にとってもうひとつの「ふるさと」になりました。とはいえ、まだまだ知らない長崎の魅力がたくさんあると思うので、これからもじっくりと深掘りして行こうと思います。

Twitter, YouTube で長崎について情報発信しています

この夏は、長崎を旅しながら、長崎の魅力を情報発信していこうと思っています。ぜひ Twitter のフォロー、YouTube のチャンネル登録をお願いします!

第二期コリビング住人募集中!

ただいまHafHでは、2020年7月〜9月の3ヶ月間HafHの拠点に住まう【第2期】住人を募集しています。

本記事でご紹介した HafH Nagasaki Garden は、シングルルーム5室、ダブルルーム1室の計7名の入居が可能です。この夏はあなたも品川さんのように、ワーケーションのための設備バッチリの古民家で、長崎暮らしを体験してみませんか?

これまでの記事はこちら

【New】土プラン以外のHafHネイバー(会員)のインタビューも掲載開始しました!ぜひご覧ください。


記事一覧